ダイエット特集

ピラティスとは?エクササイズで重要なポイントをまとめてみた!




ピラティスの響きは何となくで耳にしたことがあるかとおもいますが、そもそも「ピラティス」とは何か、皆さんご存知ではないですか?

ピラティスの始まりは、ドイツ人のジョセフ・H・ピラティス氏が戦争でダメージを受けた兵士たちのリハビリの為に考えたエクササイズだと言えます。

簡単な内容というのは体に負担を掛けずに筋肉を鍛えるために考案されたカリキュラムです。ピラティス運動は種類によっては難しい形を作らなければいけませんものもありますが、ケガ人の為のリハビリ目的のトレーニングなので、身体に合わない方はいないと思いますよ!

ピラティスの効果効能とは第一にコアの筋肉(体の内部にある姿勢を支えている深層筋の中の、腹腔を支えている筋肉群)を鍛えることが重要となりますね。

コアの筋肉の深いところには体型を守っている筋肉があるわけです。このコア筋を鍛えることでダイエット効果が上がり、自分の筋肉を動かすイメージを描きながらトレーニングにあたるので精神が集中されそうです。

神経が集中するおかげで溜まったストレスを知らずのうちに軽減させてくれる効果を伴うので、体を綺麗にしながら精神的にも穏やかにリラックス効果のある環境を作ることが出来るダイエットでしょうね。




他の運動系ダイエットに比べても、とても効率的なダイエットだと考えられます。

コアの筋肉やインナーマッスルと呼ばれる骨盤周りの筋肉を鍛えると、背骨と骨盤を正しい位置に脅すことが出来るトレーニングがついてくるので、部分的に残ってしまう脂肪ですら落としてしまうことが可能になるだけじゃなく、便秘や胃下垂でポッコリした下っ腹や、セルライト解消結果も期待できます。

コアの筋肉を鍛えて体のラインを綺麗にすると、体の内側から脂肪を燃焼出来るような体となるのです。

また、ピラティス運動を行うことで、血液の流れを良くする効果や凝った筋肉の痛みを穏やかにほぐしてくれる効果が出ます。

血の巡りが円滑になり、固まった凝りがほぐされることが原因で体が温まるので、女性の悩み・ダイエットの敵である冷え性改善効果もあります!

コアの筋肉はカラダの中にありますから、表面の筋肉を鍛えたようにマッチョのような筋肉質な体になってしまう心配もあり得ません!

あくまでも今までの感覚の「筋肉を鍛える」ものとは全く別のものと位置付けてください。「筋肉を鍛える」のではなく、印象的には「筋肉の中にある筋肉を支える筋肉を鍛える」という感じです。…分かりにくいじゃありませんか?

さらに単純に言えば「筋肉の芯だけを鍛える」というようなことなのです!コアの筋肉のバランスがくずれて弱くなったり、固くなったりすると、腰痛や肩こりが起こるだけではなく体型までもがくずれてしまうので、脂肪も正常時以上につきやすくなってしまうから、コア筋を鍛えることを意識しておいてましょう!少しでも時間の取れた時には、ゆっくりと深層筋肉を癒して鍛えて、ストレス解消しながら綺麗な体のラインを手に入れてみて下さい?

ピラティス実践中のポイントは、お腹で呼吸するのではなく胸で呼吸することですよ!