綺麗な女性になるには

【保存版】食べても太らない!?綺麗になるための秘訣とは?

食事をしても太らない、体質的に太りにくい人はいますが羨ましいですよね。

普通なら食べれば食べるほど太るのは当然で、だからこそ毎日食べるのを我慢して食事制限をしたり運動をという努力をしなくてはなりません。

ただ、もしも食べても太りにくい時間帯があるならばあなたはどうでしょうか?

その時間帯に好きな食べ物を食べれるとすればストレスを感じることなくダイエットができるんです。

ダイエットは数日で効果がでることはまずありえません。

ポイントは長く続けることが肝心なのです。

はじめに・・・

あなたはBMAL1をご存知でしょうか?

太りにくい時間帯や太りやすい時間を把握し、効率よくダイエットできるようにしましょう。太りにくい時間に食べて太りやすい時間には食べない、これだけでダイエット効果が期待できます。

肝心な時間帯とBMAL1の関係って?

BMAL1(ビーマルワン)とは、私たちの体の中で活動リズムが常に規則正しくなるように働きかけるタンパク質の一種です。

BMAL1の量は毎日一定の増減を繰り返しながら、体の中で効果を発揮しております。

BMAL1の増えている時や減っている時が、食事をしても太りにくい時間と太りやすい時間に大きく関係しているのです。

BMAL1の特徴はこのように

BMAL1は体内時計を規則正しくしてくれるタンパク質の一種なんです。

BMAL1の活動は深夜にかけてピークになっていき、昼間にかけて減少していくのです。

このパターンを毎日繰り返し行われているのです。

まるで波のような動きですよね。

BMAL1の量は一定ではなく、活動量が増えるとBMAL1も同じように増えていくという特徴があります。

昼間にかけて活動量が減少していくのにつれて、BMAL1も減少していくのです。

BMAL1は体内時計を規則正しくすることが仕事ですが、その活動により太りやすくなっていくことがわかっています。

BMAL1が活発に働いている時間こそが死亡が付きやすく太りやすい時間でもあります。

ですからBMAL1の働きが少ない時間は食べても太りにくい時間ということがわかります。

BMAL1の多い太りやすい時間とは?

BMAL1の活動が活発に盛んになる時間帯はBMAL1の量も多くなっています。

食事で摂った栄養が脂肪に変わりやすくなります。

時間帯としてはおおよそですが、深夜2時にピークとなります。

深夜2時にピークともいえますが、時間に近くにつれてBMAL1の量が増えていきます。

あなたもよく耳にするかもしれませんが、”夜食ほど太るものはない”どこかでこんなセリフ聞いてますよね?

よく夜遅くに食べてしまう行動とは、飲み会で帰り道に締めの~~、最後のお店で~~、これもどこかでは一回は聞いたことあるかもしれませんね。

やる遅くに甘いデザートやラーメンを食べてしまうと体重の増加に繋がります。

BMAL1は夜が遅くなればなるほど、太りやすい時間になっていくのです。

ダイエット中は基本的に夜の食事は少ないほうがよいと言えます。

BMAL1の少ない太りにくい時間帯とは?確信

BMAL1の活動が少ない時間はBMAL1の量も減少傾向にあります。

食事をしても脂肪になりずらく太りにくい時間なのですからダイエットをしている時は安心して食事ができる時間なのです。

ですが、いったいベストな時間帯は何時だのでしょうか?

実は14時~15時の間と言われており、BMAL1がもっとも最小値になるからです。

14~15時を超え夜にかけて徐々に量も増えていきます。

ただ、ランチタイムを14~15時にずらすのは理想とは言えませんので、おやつの時間にしたほうが良いと思います。

ダイエットをするなら太りにくい時間に食事をすることがベストですが、なかなか14時~15時に食事は難しいかもしれませんね。

太りにくい時間に食べてダイエットをしてみる!

太りにくい時間14~15時くらいに食事ですが、現実難しいですよね。

BMAL1が減っている時間帯に食事をして、あとは何も食べない一日一食ダイエットをすれば痩せることはできますが、あんまりおすすめはしません。

太りにくい時間に合わせて、尚且つうまく立ち回り痩せていく方法を簡単ながら説明していきます。

太りにくい時間におやつを食べると良いって本当!?

ダイエットをするなら、運動はもちろんのことですが、初めに行うのはカロリー制限からするべきでしょう。

カロリー制限は年齢によってことなります。

もちろん20代~年齢を重ねれば重ねるほど代謝も落ちていくので、一日の摂取カロリーは制限されます。

女性 男性
6-7歳 1.450kcal 1.550kcal
8-9歳 1.700kcal 1.800kcal
10-11歳 2.000kcal 2.250kcal
12-14歳 2.250kcal 2.500kcal
15-17歳 2.250kcal 2.750kcal
18-29歳 1.950kcal 2.650kcal
30-49歳 2.000kcal 2.650kcal
50-69歳 1.950kcal 2.450kcal
70歳~ 1.700kcal 2.000kcal

これに満たないカロリーで食生活を維持できれば、確実にダイエットする事ができるという事になります。

運動でカロリーを消費しようと思っても、カロリーの消費は難しいです。

食事カロリー制限をすることにより、運動するよりもカロリーの消費というより摂取をしない選択肢の方がダイエットはできます。

太りにくい時間帯に満足感の得られるおやつを食べることをおすすめします。

200kcal程度のおやつがよいですが、例であげるなら”満足バー”や”ソイジョイ”が良いでしょう。

おやつを食べることにより夜の食事も減らすことができ、空腹感も避けることができます。

ダイエット中はおやつは厳禁と思いがちですが、逆に食事を食べないのはもっと危険なのでやめておきましょう。

昼食を早めに済ませるか遅くするかの2択

14時から15時の時間帯におやつを食べると、遅い昼食よりも早めの昼食を済ませていた方が小腹も空いてちょうど良いと筆者は思います。

ダイエット中は朝のカロリーをグッと抑えてしまいがちですが、朝はしっかりと食事をしましょう。

ダイエット中は無理にカロリー制限をしてしまいがちになるため朝を抜いてしまう人も多くいます。

普段あなたはどうでしょうか?

朝食を抜くと”集中力の低下”や”自律神経の乱れ”が起きやすくなってしまいます。

ダイエットはお昼を11時に済ますこともおすすめですよ。

仕事や用事で昼食が遅くなってしまう場合は、13時ごろに食事するよりも14時から15時に食べる方が効率が良いですしダイエットにも繋がります。

夕飯はできるだけ早めに

太りにくい時間帯であるBMAL1の少ないピークは14時から15時ですが、そこからまた徐々に増えていくという特徴も忘れてはいけません。

BMAL1の働きが最も活発になる時間は夜中2時頃とご説明しましたが、2時に向けて徐々にBMAL1が上がっていきます。

ダイエットしている期間はできるだけ夕食を早めの時間帯にして、夜食をとらないようにしていった方が良いでしょう。

理想としては21時までに食事をおすすめします。

21時を超えると睡眠であったり、身体を整えるゴールデンタイムにもつながるので、規則正しい生活をするには、早めの行動が必要となります。

夕食で、炭水化物を抜きがちになりますが、特にお米ですよね。

人間にとってお米を抜くことは糖質をとらないことになるので、頭の働きが鈍くなるので完全に取らないというのをやめて、少しでもお米を食べると良いです。

太りにくい時間帯を活用する工夫が必要

昼食は太りづらい時間帯ですが、夕食は太りやすいと誰しもが一度は聞いたことがあると思います。

夕食後はお昼に比べて運動量が少なくなるのでカロリー消費ができないけれども、昼間はまだ運動量が多いため、食べた分のカロリーを少しでも消費することができます。

太りにくい時間は昼食時というよりは間食に近い時間にピークを迎えることになりますので、時間を合わせること工夫が必要になってきます。

仕事や育児をしていると理想の時間に食事をとるのは極めてむずかしいかもしれませんね。

ですが、ダイエットもしようと思うと時間調整をうまくやる必要があります。

時間調整が難しい場合などは、食事を減らすもしくはストレスをためない工夫をすることで良い結果が得られます。

ストレスを減らすことはリラックスをすることも該当するので、あなたがリラックスできる方法、やっていて楽しいことを見つけましょう。

最後にまとめ

私たちは、日々何かに追われ生活をしています。

追われているのは人それぞれです。具体的に”仕事”、”家庭”、”育児”など

時間は限られており生活パターンも形成されているので、行動パターン変えるのは難しいです。

ですが、真剣にダイエット、綺麗な女性になろうと考えているのであれば自己投資をする必要があります。

少しの努力でも変化が訪れるように、一気に変化するのではなくゆっくりと取り組んでいき、継続していきましょう。

継続というのが大きなカギとなります。

年齢と共に新陳代謝が落ちていきがちですが、お肌もそうなんです。

20代と比べても30代の肌とは違う条件になっていきます。

エイジンゲクアも年齢に応じて使い分けていきましょう。