綺麗な女性になるには

【保存版】肌断食って?日々のスキンケアは重要ではなかったこととは

肌荒れ、肌トラブルがひどい時などにスキンケアを断ち、肌を休ませることで美肌を取り戻す。

これを「肌断食」と言います。

すでに行なっている人も多くいますが、まだ行なっていない方もいると思います。

肌断食についてまとめていきます。

肌断食ってなに?簡単に言うと・・・

肌断食って一言でいってしまうと”何もしない日(スキンケア)”これこそが肌断食なんです。

メイクや化粧品を使ったスキンケアをやめることで、毎日肌に与えていた刺激やダメージを無くして肌をリセットする効果が期待できる。

肌本来持っている保湿機能やバリア機能などの働きを回復させていきます。

しっかりとスキンケアを行なっていても肌の調子が悪く、乾燥やニキビなどの肌荒れ、肌トラブルが起きてしまう時に行うと効果的とも言えます。

毎日何気なくやっていることとは?

毎日、何気なく当たり前のようにメイクやスキンケアをしている。

美容は私たち女性に様々なプラスの効果をもたらしてくれますが、毎日様々な刺激を肌に与えられていることにより少なからず肌にダメージを受けているのです。

皮膚の健康を考えると必ずしも必要なものではなりません。

特に、化粧品に含まれている界面活性剤や防腐剤など肌に刺激となる化学物質は、一つ一つの安全性はしっかりと検証されているものの、多数を長期に渡り使用し続けた場合の安全性のについてはしっかりと十分に検証はされていないみたいです。

肌が強い人、肌が健康でバリア機能がしっかりと働いている人は、化学物質が肌にダメージを与えてもすぐに修復できるため、目立った肌トラブルにはなりません。

肌が弱く、敏感肌の人は、メイクや過剰なスキンケアを行うことで、赤み発疹などの肌トラブルとしてダメージが現れます。

つまり、美しくなるためにのスキンケア化粧品やコスメを使うことにより、自ら肌荒れや肌トラブルを招いてしまうのです。

肌断食の効果をまとめてみた結果

肌断食をすることによって、効果が期待できることをまとめていきます。

  • 化粧品により敏感になっていた肌質が改善できる
  • 季節や環境の変化に負けず、刺激やストレスに強い肌
  • 皮脂分泌が正常になり、乾燥や皮脂量過多による肌トラブルやテカリがなくなる
  • 毛穴が目立たなく綺麗になり、毛穴の開きや詰まり、ニキビなどの毛穴トラブルがなくなる
  • 素肌が綺麗になり、荒れにくい肌になる
  • キメが整い、ごわつきなくなりて触りが良くなる、色ムラや見た目も美しい肌になる。
  • 自然なしっとり肌になる

肌断食のやり方って?

肌断食する方法とは一体なんでしょうか?やり方を解説していきます。

昨日使ったいたスキンケアを急にやめてしまうと好転反応で肌が荒れやすくなってしまいます。

好転反応の4種類に部類される

1、弛緩反応

体がだるくなったり、眠気が強くなる、倦怠感があるという症状が現れたりするだるさや倦怠感は溜まっていた老廃物が動き出し、体を回っていることにより引き起こされます。
体から排出されるとこの症状は収まります。

2、過敏反応

筋肉痛のような痛みや腫れが伴う、発汗といった症状が現れます。

風のような症状に似ている

今まで機能していなかった細胞や臓器が急に動き出し、その反動で過剰反応され、神経の圧迫によって麻痺していた痛みが感じられるようになったために起こる痛みもあるみたいです。

3、排泄反応

尿の色が濃い、吹き出物が出るなどの症状は、老廃物が外に押し出されている証拠なのです。スムーズに排出されるように十分水分を取りましょう。

4、回復反応

頭痛や発熱、動悸などが起こります。

血行が良くなり体を巡り、新陳代謝が上がることによって細胞が新しく生まれ変わろうとしている証拠なのです。

症状の強さには個人差がありますが、中には気がつかない人もいます。

この好転反応が抜けると、体は楽になり、良い方に向かって行きます。

ですが、強すぎる好転反応は心身の負担にも繋がります。

好転反応の症状をまとめてみましたが、これらは絶対発生するという確証はありません。

もちろん個人差もあるので、ならないように対策をする必要があります。

事前に少しずつ使用するスキンケア化粧品を減らしていきましょう。

クレンジング、クリーム、乳液、美容液、化粧水の順番で使用を控えていき、やめていきましょう。

最終的に水かぬるま湯で洗顔のみ行い、スキンケア化粧品を一切使わないようにすることが理想なのです。

基本の肌断食手順

クレンジング剤を使わなければ落とせないメイクは肌に負担となってしまいますので、コスメはお湯もしくは石鹸で落とせるものに変えるのがベストです。

どうしても油性のメイク汚れを落とす必要があると思います。

そんな時は、食用のオリーブオイルを綿棒に含ませ、クレンジング剤の代用として使うと良いでしょう。

洗顔はぬるま湯か純石鹸でメイクをしていなければ、埃や皮脂による汚れはぬるま湯で十分に落とせます。

ですが、汚れがきになる場合は、界面活性剤が使われている洗顔フォームなどの洗顔料ではなく、植物性の油や動物性の油に苛性ソーダなどを加えて界面活性作用としている自然原料の純石鹸(無添加石鹸)を使って洗顔をするようにしましょう。

純石鹸は100円〜ほどで購入できるので、肌だけではなく経済的にも優しいです。

 

 

洗顔後は何もつけない

洗顔後には化粧水も美容液やクリームもつけずにスキンケアは終了です。

肌のつっぱりや乾燥が感じることがあるかもしれませんね。乾燥も少しならそのままでも大丈夫。

肌に保湿力が荒れば、しばらくしてから肌が自然にしっとりとしていきます。

  1. つっぱり
  2. ちょっとした刺激にも敏感
  3. カサつき
  4. 乾燥

これらがひどい場合は、白色ワセリンなど不要な成分が入っていない保湿剤をきになる肌の箇所に薄く塗布しましょう。

肌断食で起こりやすい肌トラブルって?

肌断食を始めると、スキンケアをやめたことによって肌荒れの不調(好転反応)になってしまうことがあります。

少しずつ肌の機能が回復すれば治まる場合がほとんどなので、不調がで始めたら様子をみていきましょう。

肌荒れ