綺麗な女性になるには

スキンケアも大事だけど睡眠はもっと大事!その肌荒れも睡眠で解消とは




最近睡眠不足だなっと思っていたり肌荒れが酷いと感じていませんか?

肌荒れとは言えスキンケアでなんとかして改善してみようと考えて化粧品やスキンケアを買っては試したりしても効果は今ひとつというあなたに生活習慣の改善を提案します。

お悩みは?
  • 肌荒れが気になる
  • 睡眠不足になっている
  • イライラが抑えられない
  • ニキビを改善したい

スキンケアも大事だけど睡眠はもっと大事!

朝起きるとなんだか体が重い、、、疲れが取れていないような感じがするし、仕事をしていて途中から眠くなったり、昼寝は欠かせないといったことに当てはまりませんか?

もちろん平日のみならず、週末は夜更かしをしてしまうなんていうことはありますか?

これらは睡眠不足になったり、質良い睡眠が得られない行動・睡眠が十分に取れていないことになります。

人間誰しもが重要なのは睡眠です。日本人にとって近年睡眠というのは年々減少傾向にあります。

睡眠不足になると様々なデメリットがあることをお伝えしていきます。

睡眠不足の影響と恐怖とは?

睡眠不足が引き起こす影響とは、健康状態や精神面にお肌にも悪い影響を与えるのです。

睡眠不足になっていることがわかっていても、睡眠十分にとる時間が無いというよりかわ、仕事や家庭に時間を奪われてしまい、なかなか睡眠が取れないという人も多いと思います。

頭ではわかっていても改善できないのが、睡眠不足です。

睡眠は後回しにしていると身体に不調も出ますし、悩みの肌にも悪い影響を与えます。

睡眠はいつに寝ると良い?!

お肌のケアももちろん肝心ですが、ゴールデンの時間帯は何時から何時までが良いだろうか?

肌をスキンケア商品を使って効果を出す方法も良いですが、内面から改善することも重要です。

少し前では、「22時〜2時」までに睡眠をするのがベスト(ゴールデンタイム)とも言われておりましたが、現代では、22時から睡眠をすると言うことはまず、少なくありませんか?

ただ、22時〜2時までのベスト時間は少し変わりつつあります。

少し話は変わりますが、睡眠不足と言うより眠りに着くまでに時間がかかると言うこともありますので、こちらを少し掘り下げていきます。

睡眠の鍵となるのは?

睡眠不足ももちろんそうなのですが、昼だと凄く眠くて昼寝をしても寝足りないと言うこともあるかもしれません。

ただ、夜になりいざ就寝をしようと思うと眠りに着けずにいる。

こんな現象かもしれませんが、原因となるのは「メラトニン」分泌が鍵なのです!

メラトニンってなに?夜に関係ある?

メラトニンと言うのは、就寝するにはとても重要なホルモンなんです。

メラトニンとは?

夜に徐々に眠たくなってくるのはメラトニンの働きなんです。

夜になると分泌は増えていき、夜中になると最大となるのです。

睡眠をとる方法は!?

上記で睡眠に欠かせないホルモン「メラトニン」に少し触れましたが、メラトニンにもう少し触れていきます。

メラトニンは夜に分泌は増えていきますが、部屋を暗くしたり、真っ暗なところに行くとより効果的にメラトニンの分泌が増えます。

ですが、メラトニンの働きを妨害する行為があります。

それは、「光」なのです。主に照明の光、スマホ、パソコンなどから発せされるブルーライトがメラトニンの働きを妨害する共に質の良い睡眠を奪ってしまいます。

スマホ系のブルーライトは強い電磁波でメラトニン分解してしまうことも知られているので、就寝前には極力スマホの操作を控えるようにしましょう。

メラトニンは重要!?どんな仕組みなのか?

メラトニンは朝日を浴びた15時間後に分泌が増加していきます。

朝日を浴びることで体内時計がリセットされるのです。ですから、体内時計を狂ってしまうと毎日の質の良い睡眠が取れなくなってしまうのです。

隔離された部屋やカーテンを締め切ってもった部屋にいる方なら、メラトニンの分泌を促すためにも定期的に朝日や日を浴びることをオススメします。

メラトニンの仕組み

メラトニンを作り出すのは材料が入ります。

セロトニンと言うのが必要であるが、少し掘り下げるとトリプトファンと言うアミノ酸が必要です。

トリプトファンはバランスの取れた食事、食生活で摂取することができるので、上手に摂取していきセロトニンの分泌=メラトニンの分泌を高める

トリプトファンとは?

トリプトファンはアミノ酸ですので、タンパク質の多い食事に含まれています。

以下の通りです。

  • 豆腐
  • 納豆
  • 牛乳
  • チーズ
  • ピーナッツ、アーモンド
  • バナナ

などに含まれています。

質の良い睡眠は結局食事にあり!

睡眠不足のあなたには質の良い睡眠を取っていただきたいですが、これらまとめてきたこと以外のことを習慣として行っているならば、改善をして少しでも質の良い睡眠をとっていただきたいです。

夜は証明を薄暗くするか落ち着く、リラックスできるような空間作りをした方がいいですし、スマホ・パソコンも就寝前には控えておきましょう。

睡眠不足を続けていると、病気や肌荒れ、体調も不良になってきます。

睡眠は十分に取った方が良いでしょう。

最後にまとめ。

以前はお肌のゴールデンタイムは22時~2時と言われていましたが、現代のゴールデンタイムの定義が少し変わりつつあります。

メラトニンの分泌は暗くなると分泌が始まりますし、もっともピークの時間帯は夜中2時くらいです。

ですから、成長ホルモンが大量に分泌される寝入り1時間~3時間と、メラトニンの分泌が活発になり且つ最大に重なる時間に睡眠をとることが重要と言えます。

今のライフスタイルだと0時~3時までがベスト睡眠時間でしょう。